HOMEconcept・会社概要Contact ・お問い合わせ
 
ハイプレッシャーの中でさらなる1匹を狙える
スラッグジャークプラッキングMEBARUスペシャル!
 
港湾のメバルポイントは常に攻められハイプレッシャー状態。
ワームやペンシルの横の誘いには最初は当たりがあっても長くは続かないし、狙いたいポイントでの長いアプローチは厳しく、出来てもそれなりに技術やテクニックが必要。そこを補ったアプローチが出来て、ハイプレッシャーの中でさらなる1匹を狙えるのがRAVEN37DEEP スラッグジャークプラッギングMEBARUスペシャルです。

使い方のイメージとしてはライトエギングに近いアプローチをすること。
ライトジャークを入れてテンポ良くルアーを跳ね上げて下さい。ここで大事なのは縦に跳ねさせてダートさせる事。優しく激しくリズムよく刻んでメバルに魅せつけて下さい。
ジャーク時にバイトする事も多々あるので竿を煽る時、ジャークする時は注意してテンポをひと感覚置くとバラシは軽減します。
ジャークして当たりが出なかった、軽く当たったけどかからなかったら軽く糸を張り、竿だけでルアーを横にゆっくり引いて下さい。ここで当たっても即合わせしないで向こう合わせで竿先がぐっと持っていかれたら乗せる様に合わせて下さい。
あとメバルはシーバスよりも攻撃的で貪欲です。当たりが出て針がかりしなくても2回、3回とルアーを追いかけて来ます。最後までしっかりルアーをジャーク、そして喰わせの横引きをして下さい。
この一連の動作はあくまで基本的な誘いです。

ジャークの後のフォールは、テンションフォールかフリーフォールか?喰わせはリトリーブを入れるか?
それともティップランの様に竿先を意識しながら竿を煽るか?など、色々な誘いの組み合わせを試してプラッキングでメバルを釣る楽しさを体験してみてください。


スローシンキングは、じっくり見せて喰わせるモデル。
シンキングは、フリーフォールでお尻からスゥーと沈み、深いレンジに素早く到達。
ジャーク後のテンションフォールでは、スローシンキング同様にボディーを揺らしながらフォーリングしてメバルのバイトを誘発します。
また、強風時にラインが風に流されても浮き上がりにくく、ディープリップが水の抵抗をしっかり捉えてルアーの状態をロッドに伝えます。

カラーバリエーション

M01 C-LAME

M04 C-CANDY

M05 C-GLOW

M07 WH-WGLOW

M11 KABURA GLEEN

M12 C-PINK

M13 C-LEMON

M14 C-AKALAME

M15 SAKURAEBI-GT

M16 EBI

M17 AKAEBI

M18 SilverBait
NEW!

M19 G BlueBait
NEW!
- -
●サイト上の画像と実際の製品は色味が多少異なる場合がございます。また、製品の品質向上において、予告なく色味・仕様等変更する場合がございますので、予めご了承下さい。
New Item
off shore series
Limited Model
ハルシオン システム
ニコデザインオフィス
“N” DOM LURES
KET
TIGRIS
Others